ヘーゲルの思考をたどり、自己と現実に向き合う

ヘーゲル哲学講座は他の講座とは一線を画し、論文教育センターGlobe代表の今野が『精神現象学』の原書(ドイツ語)を一字一句検討し、その註解原稿を受講生全員で検討していきます。30才後半のまだ荒削りなヘーゲルがしゃにむに組織化した思考の過程をたどることを通じて、受講生は自己と現実に否応なく向きあうことになります。そこで生まれる理解は、地にしっかりと足を下した自分自身の思考、つまり自分自身の哲学と呼べるものになります。自分自身の哲学はあなたのゆるぎない価値判断の基軸となり、未来を自分自身で切り拓く力を与えるものになるでしょう。

ページトップへ

誰にとっても身近なことから自分の理解を積み上げる

どんな文章でも、検討するとなれば、対比項が必要になります。この講座では生身の人間の卑近な日常が対比項として取りあげられています。ヘーゲルの思想を理解しながら、自分のふだんの生活の在り方がわかってくるわけです。ですから、この講座は哲学と名を打つ必要がないほど、誰にとっても身近なことから、自分の理解を積みあげることができます。

ページトップへ

本講座は次のような方に特にお勧めします

腰を据えて自分自身と向き合いたい大学生、教養を深めたい社会人、自分の哲学を再確認したいエグゼクティブの方などにもオススメです。

講座情報
講座名
ヘーゲル哲学講座(2014年度春期)
講座コード
91-120
対象
大学生、大学院生、社会人
授業形式
ゼミ形式
授業日程
スケジュールのページをご覧ください
教室
泉岳寺教室
教材
Globeオリジナル教材(教材のサンプルはこちら
講師
今野雅方
費用
費用のページをご覧ください
ページトップへ
Top