自分を見つめ、自分の力で物事を判断する術を得る

「近代回顧」では、西洋近代の思想家の著作の原書、または英訳を「一字一句」丁寧に読んでいきます。主として英文を扱うことになるので、ある程度の英文読解力が必要になります。デカルトやパスカル、ホッブズやロックなど歴史に名を残した人たちも、その文章を深く分析し、理解を小論文で書き表していくと、実は私たちと同じところで悩んでいることがわかります。その時、私たちは名声にとらわれず、自分の力で物事を判断する術を得ることになります。   それと同時に、思想家の著作を通じて自分自身に向き合う目が養われていきます。自分自身の現実の姿がありありと浮かび、自分に足りないものが議論と著作の理解を通じて明らかになっていくからです。哲学講座は、文章を深く理解し、小論文で自分の考えを伝え、やがて改めて自己と現実を知るに至る、論文教育センターGlobeの基幹講座です。  
ページトップへ

本講座は次のような方に特にお勧めします

哲学に興味のある高校生、大学の勉強だけでは物足りない大学生、自分自身の判断軸に迷いを感じている社会人の方などにオススメの講座です。

講座情報
講座名
近代回顧(2017年度春期)
講座コード
81-120
対象
大学生、大学院生、社会人
授業形式
ゼミ形式
授業日程
スケジュールのページをご覧ください
教室
泉岳寺教室
教材
Globeオリジナル教材(教材のサンプルはこちら
講師
今野雅方
費用
費用のページをご覧ください
ページトップへ
Top